2007年06月28日

NIGHT OF THE LIVING DEAD

死人が歩き、幼き娘がゾンビと化して母親を殺し食べる。また通常、予定調和で助かるはずのヒロインもアッサリ死ぬ。けれども直接的にゾンビに殺されるものは少なく、人間と人間の殺しあいや自滅する描写が多い。

ホラーとしての観点からでなく「リビング・デッド」という斬新な言葉とともに、暗に「人が人であるために必要なもの」を教えようとする感覚がカナリ好き。

根底に描かれているのは、人間のエゴ。
国や会社の舵取り役の妙なニュースが飛び交ってる二十一世紀初頭、観てみる価値はある。

livingdead.gif

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド
アメリカ:1968年
監督:ジョージ・A・ロメロ
posted by spankin at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

Origin

今日、パリス・ヒルトンの出所VTRを見てて、思い出した。

俺の会社最終出勤日に、ある変な人がメッセージカードをくれて、とりあえず見てみたら「長い間お勤めご苦労様でした」って書いてあった。

何か言葉の使い方おかしいし、バカっぽいなと感じた。

入ってないから、出てないんだけど。

しかし、パリス・ヒルトンも金持ち娘なだけでバカっぽい。役柄に徹底しているのか。それなら、かなりのエンターテイナー。
posted by spankin at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

Razamanaz

1970年代の「ブリティッシュ・ハード・ロック」の中にあって、Nazareth(ナザレス)の俗世なハードロックンロールブギーは唯一「土の匂い」がある。そんな彼らのアルバム群の中の傑作。

Razamanaz(ラザマナス) / Nazareth

Razamanaz.jpg

Produced by Roger Glover.
1973 Mooncrest.

1.Razamanaz
2.Alcatraz
3.Vigilante Man
4.Woke Up This Morning
5.Night Woman
6.Bad, Bad Boy
7.Sold My Soul
8.Too Bad, Too Sad
9.Broken Down Angel

Guns'n Rosesのアクセル・ローズも、このバンドサウンドから生活の中のトランスを感じ、模倣した部分があるんじゃないかと思う。
posted by spankin at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

Domain移管はメンドクサイ

ただ単にMXレコードをいじれるサーバに移動したかったので、移管したけど、何かとメンドクセー。

DNS設定の反映まで時間かかるとか書いてたけど、間違ってるのかそうでないのか未だにわかりません。なんせ、反映してないようだから。

まあ、いいや。明日くらいにはわかるだろーから。



とか言ってたら、何とかなってたみたい。コーヒー1杯のゆとりがいる今日この頃だった。

BoogieMail02.png
posted by spankin at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

STAND UP BEFORE THE YELLOW CHANGES INTO THE RED

今の自民党は飽き飽きやね。

そろそろF川さんの出番ですね。まずは町内から攻めていきますか。
posted by spankin at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

iPhone+DoCoMo

産経新聞によると下記の話があるようだ。

NTTドコモは19日、携帯音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」に携帯電話機能を加えた米アップル社の新端末「iPhone(アイフォン)」の日本導入を目指し、同社と交渉を進める方針を明らかにした。iPhoneは米国内で今月末に発売されるが、前評判が高く、大ヒットを予想する声が多い。日本ではソフトバンクも導入を検討中とされ、争奪戦となる可能性もある。

 同日開かれたドコモの株主総会で、iPhone導入についての質問に、辻村清行プロダクト&サービス本部長が「アップルとの今後の話し合いもあるが、可能であれば入れていきたい」などと答えた。中村維夫社長も今月上旬、産経新聞のインタビューでiPhoneについて「非常に魅力的。興味は非常にある」と語っていた。

 アップルは欧州、アジアでも順次iPhoneを展開する方針。辻村本部長は「1年後くらいに日本にも入ってくるだろう」と予想した。

 米国のiPhoneの通信方式(GSM)は日本国内に対応せず、ドコモが導入するには自社の通信方式(W−CDMA)による端末開発が前提となる。また、アップルは米国で、通信事業者が同社に通話料の一部を支払うビジネスモデルを求めており、日本の事業者が受け入れるかどうかも焦点となりそうだ。

 iPhoneは、数字のキーの代わりにタッチパネルを採用するなど斬新なデザインと操作性を提案。iPodと同様に、アップルのコンテンツ配信サービス「iTunes Store(アイチューンズ・ストア)」から楽曲を容易に購入して再生できる。


iPhone.jpg

DoCoMoでiPhoneでたら、使う。
posted by spankin at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Untouchables

「ギャングを倒すには、やつらより速くそして先に銃を撃て」
一介の警官マローン(ショーンコネリー)は、財務省特別捜査官エリオットネス(ケビンコスナー)にそう教えた。

禁酒法時代のシカゴを舞台として、アルカポネ(ロバートデニーロ)とその逮捕を誓った法の執行人を120分で見事に描いたブライアン・デ・パルマ監督の映画史に残る傑作。

駅の階段を落ちる乳母車シーンでのジョージストーン(アンディガルシア)もいい。いや、本作でアカデミー助演男優賞を受賞したショーンコネリーがいい。

1987年 Paramount  The Untouchables


The Untouchables.jpg
posted by spankin at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

Not Too Late

Norah Jonesが、2007年1月に発売開始した全曲とも自身の作詞作曲によるアルバム。
以前の2作品もブルーノート作品とは思えないくらいカントリーフィーリングに満ちていたが、3年振りにリリースした本作は、さらにアメリカな感じに創られている。

大体、音楽を聴くときはいつも「ほー、この展開いいな」等、作曲の事を考えてしまう癖があるけど、彼女のアルバムはBGMとして自然に聴ける。そんな音楽は少ないんだけど、ジャズとカントリー、またアメリカンポップスなんかが当たり前のように融合してて Norah Jones の声もナチュラルに発声されているからなんだろう。

融合具合は、デビューアルバムが一番イイかな。

Norah Jones / Not Too Late

Not Too Late.jpg
posted by spankin at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

Get EVIL Music

今のうちらバンドのテーマは「邪悪な音楽を手に入れろ」だ。現代社会をねじ伏せるグルーヴパワーはそこに宿る。

追伸:財布拾ったヤツ。邪悪に悪用すんなよ。
posted by spankin at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。