2005年10月07日

静かな

Bill Evans。1929年8月16日アメリカ北東部ニュージャージー州のプレインフィールドに誕生。マイルス・デイビスに認められた数少ない白人ミュージシャンのひとりであり、ジャズピアニストとしてかなり異彩を放っていると思う。

1961年、ニューヨークのクラブ " Village Vangard "でのライブアルバム「Waltz for Debby」は、後にジャズ史に残る傑作と呼ばれてるし、俺のフェイバリットアルバムのひとつ。黒人のうねるリズムの間をかいくぐるように美しいメロディーを紡ぎ出すビルのピアノは、後にマイルス・デイビスにこう云わしめた。

「ビルの演奏には、いかにもピアノという感じの、静かなのようなものがあった」と....

Bill Evans01.jpg
posted by spankin at 20:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ピアノ良いですね。
ぜひとも欲しいとこです。
Posted by オイラ at 2005年10月07日 22:27
ジョイトイの奴ァーまだ出てこんのかい?
ペットボトル中か?
Posted by Wild Farm at 2005年10月08日 00:18
O・ピーターソンも
Posted by 123 at 2005年10月08日 13:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13507547

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。