2005年10月30日

"ビト・コルレオーネ"

彼はファミリーを愛した。それゆえ、どんな輩にも媚びることなく、自らの正義(愛)を貫く姿勢には感銘をうける。彼の言動に込められた意味とは?イタリア系アメリカ人である彼に学ぶ武士道にも通ずる気概とは?

しかし、ねじ曲がった民主国家アメリカにおいて父を模倣しつつ、また自身の信念を貫く息子"マイケル・コルレオーネ"の人生と愛すべきファミリーは。

VitoCor.jpg

万人が尊ぶ真実はありえないし、己の真実をどう極めればいいのか。

「Godfather」は、そんな映画だ。
posted by spankin at 20:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

やっぱりPARTTが一番好き。

PARTVでトムが出てないのは何故だろう。
Posted by オイラ at 2005年11月01日 21:07
今更だけど(1年10ヶ月)、トムはPARTVに必要なかったと思うよ。マイケルの生き様を通じた世代交代をメインに添えた脚本じゃない?
Posted by boogiething at 2007年06月12日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。