2006年07月24日

Chicago Blues Stars

エルモア・ジェイムスの再来とも言われたモダン・シカゴブルースの雄、ジョン・リトルジョン。いかにもシカゴ黒人街のラフでタフな臭いを漂わす。シカゴのブルース・クラブの雰囲気を伝えるバンド・サウンド感も極上でディープなブルーヴォイスと鋭いギターの切り込みが非常にクールなジョン・リトルジョンの最高傑作だと思う。ダウンホームでありモダンな感覚とはこのアルバムに相応しい。

Chicago Blues Stars.gif
posted by spankin at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。