2006年12月20日

love power peace

1971年3月8日、パリのオリンピアで録音された絶頂期のジェイムス・ブラウン1、2位を争うライブアルバムである。

love power peace.jpg

バックを支えるJBズや熱狂的な観客を巻き込み、ほとばしるファンクの熱気と高揚感は、まさにファンク・オブ・ゴットファーザーを冠するに相応しい。JBズのメンバーは、ボビー・バードやフレッド・ウェズリー、セント・クレア・ピンクニー、ブーツィー・コリンズ、キャットフィッシュ・コリンズなどの強力な布陣だ。ブーツィーはのちにPファンクのメンバーとしてシーンを席巻するファンクイノヴェーターだ。そのどれもがスタジオテイクに勝る内容に思える。ファンクはライブだね。
posted by spankin at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。