2007年02月07日

猛犬に気を付けろ!

シカゴの黒人街ブルースクラブ叩き上げの、タフでラフなブギ・ブルースの権化となるハウンド・ドッグ・テイラーが、絶頂期と言っていい1974年に残したライブアルバムの名盤。

1975年12月17日に癌が原因で亡くなった彼が、死以前に企画し、発表されたのはは1976年。追悼盤のようなカタチとなったが、ジャッケット写真を含め、その他もろもろは、本人が癌発覚前に決めていたもので追悼盤ながら、ファンキー(≒不良)オヤジのブルース魂が爆発している内容だ。

hound_beware.jpg
Beware Of The Dog

「俺が死んだら、葬式なんて出さないで、パーティーを開いてくれ」というハウンド・ドッグの言葉がそのまま反映されたような、ブギブルースの真髄が堪能できる。
posted by spankin at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。