2007年06月18日

Not Too Late

Norah Jonesが、2007年1月に発売開始した全曲とも自身の作詞作曲によるアルバム。
以前の2作品もブルーノート作品とは思えないくらいカントリーフィーリングに満ちていたが、3年振りにリリースした本作は、さらにアメリカな感じに創られている。

大体、音楽を聴くときはいつも「ほー、この展開いいな」等、作曲の事を考えてしまう癖があるけど、彼女のアルバムはBGMとして自然に聴ける。そんな音楽は少ないんだけど、ジャズとカントリー、またアメリカンポップスなんかが当たり前のように融合してて Norah Jones の声もナチュラルに発声されているからなんだろう。

融合具合は、デビューアルバムが一番イイかな。

Norah Jones / Not Too Late

Not Too Late.jpg
posted by spankin at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。