2007年08月14日

Erectric Blues

マディ・ウォーターズ。いわずと知れたエレクトリックブルースの立役者だ。40年代初頭の図書館用初期楽曲からの15年くらいは彼の時代と言っていいと思う。大げさに言うと彼がミシシッピからシカゴに出てきていなければ、エルビスもいないしロックが今の姿になっていない。

「ロバート・ジョンスンのような男がいる!」として42年に国立図書館用のデルタブルース録音にスカウトされ、47年にデビュー、その3,4年後には土臭い南部風のエレクトリックなブルースアンサンブルを作り上げている。

彼の長期にわたる音楽活動の中で必聴に値する初期ベストソング集が「The Real Folk Blues/More Real Folk Blues」だ。当時のベスト盤が2IN1でおさまっていて、今現在、初期の荒削りなマディを楽しむのにサイコーの音源と感じる。

The Real Folk Blues.jpg
The Real Folk Blues/More Real Folk Blues
posted by spankin at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。