2007年06月20日

iPhone+DoCoMo

産経新聞によると下記の話があるようだ。

NTTドコモは19日、携帯音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」に携帯電話機能を加えた米アップル社の新端末「iPhone(アイフォン)」の日本導入を目指し、同社と交渉を進める方針を明らかにした。iPhoneは米国内で今月末に発売されるが、前評判が高く、大ヒットを予想する声が多い。日本ではソフトバンクも導入を検討中とされ、争奪戦となる可能性もある。

 同日開かれたドコモの株主総会で、iPhone導入についての質問に、辻村清行プロダクト&サービス本部長が「アップルとの今後の話し合いもあるが、可能であれば入れていきたい」などと答えた。中村維夫社長も今月上旬、産経新聞のインタビューでiPhoneについて「非常に魅力的。興味は非常にある」と語っていた。

 アップルは欧州、アジアでも順次iPhoneを展開する方針。辻村本部長は「1年後くらいに日本にも入ってくるだろう」と予想した。

 米国のiPhoneの通信方式(GSM)は日本国内に対応せず、ドコモが導入するには自社の通信方式(W−CDMA)による端末開発が前提となる。また、アップルは米国で、通信事業者が同社に通話料の一部を支払うビジネスモデルを求めており、日本の事業者が受け入れるかどうかも焦点となりそうだ。

 iPhoneは、数字のキーの代わりにタッチパネルを採用するなど斬新なデザインと操作性を提案。iPodと同様に、アップルのコンテンツ配信サービス「iTunes Store(アイチューンズ・ストア)」から楽曲を容易に購入して再生できる。


iPhone.jpg

DoCoMoでiPhoneでたら、使う。
posted by spankin at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Untouchables

「ギャングを倒すには、やつらより速くそして先に銃を撃て」
一介の警官マローン(ショーンコネリー)は、財務省特別捜査官エリオットネス(ケビンコスナー)にそう教えた。

禁酒法時代のシカゴを舞台として、アルカポネ(ロバートデニーロ)とその逮捕を誓った法の執行人を120分で見事に描いたブライアン・デ・パルマ監督の映画史に残る傑作。

駅の階段を落ちる乳母車シーンでのジョージストーン(アンディガルシア)もいい。いや、本作でアカデミー助演男優賞を受賞したショーンコネリーがいい。

1987年 Paramount  The Untouchables


The Untouchables.jpg
posted by spankin at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

Not Too Late

Norah Jonesが、2007年1月に発売開始した全曲とも自身の作詞作曲によるアルバム。
以前の2作品もブルーノート作品とは思えないくらいカントリーフィーリングに満ちていたが、3年振りにリリースした本作は、さらにアメリカな感じに創られている。

大体、音楽を聴くときはいつも「ほー、この展開いいな」等、作曲の事を考えてしまう癖があるけど、彼女のアルバムはBGMとして自然に聴ける。そんな音楽は少ないんだけど、ジャズとカントリー、またアメリカンポップスなんかが当たり前のように融合してて Norah Jones の声もナチュラルに発声されているからなんだろう。

融合具合は、デビューアルバムが一番イイかな。

Norah Jones / Not Too Late

Not Too Late.jpg
posted by spankin at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。